不眠症を患ってしまっている人にとって、自分で原因が特定できていてもできていなくても何とかして眠れるようになりたいというのは切実な願いです。そのために医療機関を受診して睡眠薬を処方してもらったり、インターネットを使って不眠症についての情報を集めたりすることが一般的です。特にインターネットの普及は睡眠薬の情報や不眠症の対策などの様々な情報を手に入れられることから汎用されるようになっています。快眠ジャパンのように不眠症についての総合的案情報サイトもあり、睡眠や不眠について知りたい場合には多くの情報を容易に手に入られラレル用になりました。快眠ジャパンでは睡眠のメカニズムや実態、不眠症の治療等についての情報を発信しており、不眠症患者にとっては睡眠薬の効くメカニズムや睡眠薬の選択肢等についても理解することが容易であり、よりよい医療を受けるのに役立っています。
一方、快眠ジャパン以外にも様々な情報を発信しているサイトが多数あります。多くの不眠症患者が気にするのが寝る時の姿勢です。仰向け、うつぶせ、右向き、左向きと大雑把に分ければ四つの姿勢がありますが、どれが最も寝付きがよかったり疲労回復効果があったりするのかということは自分の不眠症症状の軽減につながる可能性があるからです。寝る時の姿勢にも一長一短があり、その人の求めることによってどれを選ぶべきかは異なります。寝る時の姿勢について、それぞれのメリットやデメリットについてまとめたサイトもあることからそういったサイトを参照して実際に実践するということが容易になっています。インターネットの恩恵を受けて睡眠薬以外にも不眠を克服するための努力がしやすくなっているのです。