睡眠を満足な形でとることができないというのは現代社会においてよく見られる状況になっています。ビジネスを基本とする社会で生きていくためには不安やストレスを抱えていかなければならないことが多く、それが蓄積していくことによって病的になると寝付けなくなってしまったり、眠っても何度も目が覚めてしまったり、いくら眠っても疲れが取れなくなったりと様々な形で睡眠障害として現れてきてしまいます。睡眠障害によって生活の質が低下してしまうことは大きな問題であり、その解決策として睡眠薬の処方による対症療法が行われるというのが病院における基本的な治療方針となっています。
睡眠薬は作用メカニズムと半減期で分類がなされています。多くの睡眠薬は中枢の活動レベルを下げるという点で共通しています。古くはバルビツール酸系の睡眠薬が用いられていましたが、中枢に直接作用することによって呼吸抑制を起こしうることから現在ではほとんど使用されなくなりました。現在主流なのはベンゾジアゼピン系であり、その副作用の軽減された非ベンゾジアゼピン系睡眠薬もまた広く用いられるようになってきています。一方、これらの睡眠薬の場合には自然な睡眠を誘発することができないということが知られているため、より自然な睡眠をもたらせる可能性が高いコンセプトの元に開発されたものも商品化されるようになってきました。その一つはオレキシン受容体阻害剤であり、覚醒を司るオレキシンの作用を阻害することによって睡眠をもたらします。また、人の概日リズムの調節において主要な役割を果たす生体内物質であるメラトニンと類似の作用を示すことにより睡眠のリズムを正常化させることを目指した睡眠薬も利用されるようになってきています。